自動車事故の内、建物や設備とぶつかったものは物損事故と言われますが、人との接触が起こり救急車を呼ぶケースは人身事故となります。ただい物損事故のように人との接触がなくても、人が巻き込まれて怪我などを負った場合は人身事故扱いになるケースが目立ちます。

人身事故を起こすと、救急車の他に警察を呼んだうえで対応することになるため、刑事処分が行われると思って構いません。このサイトでは、人身事故の罰則に関して、刑事処分の側面から確認しています。人身事故を起こす可能性がある側の方にも、巻き込まれる可能性がある側の方にも役立つ情報となれば幸いです。

車と人の事故は全てが人身事故扱いになるのではなく、その状況次第で物損事故として処理される場合もあります。この違いや対応についても確認しておくと良いでしょう。物損事故扱いになると刑事罰を受けることはなくなるのでメリットだと考える人も多いですが、その中にはデメリットもあるので合わせて理解しておくと安心です。

人身事故として処分を受ける場合は、どのような操作を受けて処分が下されるのかという流れを把握することも重要です。場合によっては勤務先に知られるなどの社会的制裁を受ける可能性もあるので、基礎知識として知っていた方が良いです。

自動車事故は起こさないに越したことはありませんが、万が一の場合でも間違いなく行動する知識は身に付けておきましょう。このサイトの情報を参考にしながら、一度考えてみてはいかがでしょうか。