人身事故で在宅捜査

人身事故を起こして刑事処分を受ける場合にどのような対応をして良いのかがわらない方がほとんどでしょう。まず、人身事故の扱い方が変わってきていることからご紹介します。現在は自動車事故の厳罰化がかなり進んでおり、2014年5月からは、被害者が死亡もしくは怪我をすると過失運転致死傷罪となります。7年以下の懲役または100万円以下の罰金となる可能性があります。

さらに運転が悪質で人身事故が起こると危険運転致死傷罪となります。怪我を負わせた場合の危険運転傷害罪なら1か月以上15年以下の懲役、被害者が死に至った場合の危険運転致死罪なら1年以上20年以下の懲役が科せられることになりました。

人身事故は被害者が死亡や危篤とならない限り、在宅捜査が行われるケースが多いので逮捕や留置所に入ることは稀ですが、危険運転に該当する場合は、在宅捜査ではない可能性が高くなるでしょう。在宅捜査の場合は、必要な時に警察署に出向き事情を聞かれます。

事故直後の実況見分と事情聴取などは、事故証明にも必要ですが、万が一裁判などになった場合の証拠としても採用されることを把握しておきましょう。軽い怪我の場合でも、救護を最優先として様々な手続きをすることで被害者の心証が良くなるなどの違いがあるので、しっかりした対応が求められます。また、逃走した場合は刑事処分が重くなる可能性も指摘されています。

人身事故は刑事処分

人身事故を起こした場合、怪我人の救護を最優先として救急車の手配をしますが、同時に警察への通報も必要です。怪我を負った方に対して、治療費や損害賠償を保険から支払う場合、事故証明がなくてはいけないからです。ただし、物損事故となるのか人身事故となるのかは、警察と加害者・被害者が加わって判断することになります。

場合によっては人身事故ではなく物損事故として処理する可能性もあり、物損事故で有れば刑事処分を受ける事にはなりません。物損事故として処分される場合は民事で終わりますし、人身事故で有れば刑事処分で立件されるものと考えて下さい。

被害者と加害者の他に、警察や保険会社が関わるので、実際には人身事故として扱うのか物損事故にするのかの判断が分かれると言われています。刑事処分を受けたくない加害者としては、物損事故としたい心理になるでしょう。警察でも大きな怪我や死亡に至っていない事故に関しては物損事故で処理するケースが多いとも言われています。

一方、保険会社は物損事故では自社に有利となる処理が出来ないことから、物損事故ではなく人身事故として処理することを薦める場合が多いでしょう。被害者の立場では、怪我の治療費など補償が受けられれば問題ないとする方が目立つと言われています。

人身事故による罰則

自動車事故の内、建物や設備とぶつかったものは物損事故と言われますが、人との接触が起こり救急車を呼ぶケースは人身事故となります。ただい物損事故のように人との接触がなくても、人が巻き込まれて怪我などを負った場合は人身事故扱いになるケースが目立ちます。

人身事故を起こすと、救急車の他に警察を呼んだうえで対応することになるため、刑事処分が行われると思って構いません。このサイトでは、人身事故の罰則に関して、刑事処分の側面から確認しています。人身事故を起こす可能性がある側の方にも、巻き込まれる可能性がある側の方にも役立つ情報となれば幸いです。

車と人の事故は全てが人身事故扱いになるのではなく、その状況次第で物損事故として処理される場合もあります。この違いや対応についても確認しておくと良いでしょう。物損事故扱いになると刑事罰を受けることはなくなるのでメリットだと考える人も多いですが、その中にはデメリットもあるので合わせて理解しておくと安心です。

人身事故として処分を受ける場合は、どのような操作を受けて処分が下されるのかという流れを把握することも重要です。場合によっては勤務先に知られるなどの社会的制裁を受ける可能性もあるので、基礎知識として知っていた方が良いです。

自動車事故は起こさないに越したことはありませんが、万が一の場合でも間違いなく行動する知識は身に付けておきましょう。このサイトの情報を参考にしながら、一度考えてみてはいかがでしょうか。